「たべもの」 のこと 鷺沼カイロプラクティック鍼灸整体院

眼球疲労と栄養

   

パソコンやスマホが普及した現代
眼球疲労で疲れを訴える人が増えました。

「アイケア」で何かしている事はありますか?
ほとんどケアしていない方が多いと思います。
少しだけ食事を気を付ける事で、
眼球疲労を軽減することが出来るかもしれません。

【目の疲れに有効な栄養素】

・ビタミンA
目の粘膜を守り乾燥を防ぎます。
網膜や粘膜の新陳代謝を促進
「目のビタミン」といわれます
(レバー,チーズ,人参,うなぎ,卵)

・ビタミンB群
目の疲れを回復し、充血を鎮めてくれます。
(豚肉,うなぎ,豆製品,レバー,のり,さば)

・DHA
細胞を活性化させ、網膜の反射能力や
視力回復に繋がります。
(イワシ,マグロ,カツオ,ブリ,サンマ)

・タウリン
角膜の修復力を高めたり、正常な機能維持に
効果的です。
(カキ,ホタテ,イカ,タコ,カニ)

・ビタミンC
眼球を作成するたんぱく質に働きかけ、
視力低下、毛細血管を強くします。
(ピーマン,イチゴ,キウイ,ジャガイモ)

・ルテイン
抗酸化作用が高く、目の健康全般に役に立つ
と言われています。
(法蓮草,ブロッコリー,ケール,キャベツ)

これら栄養素が含まれコンビニなどで手軽に
購入できる商品をご紹介します!

・魚肉ソーセージ・チーズ・サバ缶・サンマの蒲焼缶
・おでんのタコ、卵・シーチキンおにぎり・豆腐
・納豆・ホウレン草のソテー・ポテトサラダ

などで手軽に栄養を取り入れられます。

漢方では「肝臓」の状態が目に出ると言います。

肝臓は解毒作用、栄養の代謝と貯蔵として働きます。
お酒の代謝、加工食品の食べ過ぎで働きが鈍くなり
肝臓機能の低下は全身の疲労にも繋がります。

「目」だけでなく、
体や生活習慣の配慮がとても大切です。

目が疲れているという事は、
肝機能だけでなく、体も疲労している事に繋がります。

目に疲れを感じる方、
一度生活習慣を見直してみてはいかがでしょう。

560819

 - 症状と栄養